安心・快適・美しさ―より豊かな環境に向けて

広尾ガーデンヒルズ ホームページへようこそ。

 私たちが暮らす広尾ガーデンヒルズは、約6万㎡の高台に15棟の建物が立ち並び、都心近辺としては豊かな自然に恵まれた閑静なマンションです。建設当時(1983年~1986年竣工)は7メートルほどだった木が今は25メートルほどに成長して、場所によっては日当たりが悪くなるほど樹木が豊富です。
  広尾ガーデンヒルズは5つのヒル(支部)に分かれています――イーストヒル(227戸)、ノースヒル(333戸)、センターヒル(175戸)、ウェストヒル(272戸)、サウスヒル(187戸)。合計1194戸、居住者数 約2500人のコミュニティです。

立地・建物・設備

 地下鉄「広尾駅」から4分~8分、バスの便も同じ、日本赤十字病院のすぐ隣り、商店街・公園・学校まで徒歩数分の圏内。文化や歴史が熟成された土地ともいわれます。敷地の中央広場には店舗がいくつかあり、日常の用事は敷地内でこと足りる利便性、しかも都心の喧騒とは無縁の住環境が保たれています。
 厚みのあるタイルを手積みのように仕上げた外装は、年とともに重厚さ・温かみが増しているとも評されます。設備面では、平置きでセキュリティ用開閉式出入り口の駐車場。100台以上の監視カメラを含む総合セキュリティシステム。給排水、給湯、道路、インターフォン、ゴミ処理などの生活インフラ…。
 このような立地・建造物としての価値は、私たちにとって快適な住環境を与えてくれていますが、肝心なのは管理システムです。毎日の住環境整備・営繕活動はもとより、給排水管、外壁、諸設備の維持補修のための長期修繕計画に取り組む総合的な管理努力が特に重要です。

管理システムと住民の心

 そのような管理システムを適正に稼動させるために、5つのヒルの支部運営委員会、諸々の専門委員会、理事会、総会の組織が機能します。組織即ち「人」であり、所有者・居住者が身近な騒音、ペット、ゴミ、清掃、警備、会計、交通などの生活面で、自ら豊かな住環境を創り出す努力がこの価値を左右します。幸いなことに、中には高い専門知識をもった卓越した人々がいて、献身的に管理活動に努めてくれています。管理会社との緊張感ある協力関係もそこから生まれます。
 私たちは課題もかかえています。さらなる「住」環境向上に向けて、防災対策、少子高齢化対策、省エネシステム、コミュニティ意識、周辺地域との共生努力、住民サービス施設の導入など、時代に合った新しい価値を付加していくことが求められています。「安心・快適・美しさ――より豊かな環境に向けて」――これからの時代にも生き続ける私たちのコミットメントです。